HOME  >  TOPICS

TOPICS

地域研究コンソーシアム(JCAS)年次集会 一般公開シンポジウム及び若手研究者によるポスター発表を開催しました

2018年11月30日

 11月1日から2日にかけて、2018年度地域研究コンソーシアム(JCAS)年次集会 一般公開シンポジウム及び若手研究者によるポスター発表をグローバルイニシアティブ・センターが幹事大学となって開催しました。
 1日目のシンポジウムは、『「地域」との共創:新たな「地域」研究の可能性―日本、雲南、モンゴルの取り組みを中心に―』と題し、地域研究の新しい可能性をテーマに、研究者のみならず、兵庫県宍粟市の福元晶三市長をはじめ、地域における実践活動家にも登壇いただき、大学と地域が連携し、地域創りに励む教育研究事例など多様な取り組みが紹介され、地域研究と能動的な課題探求型の学習について考える貴重な機会となりました。当日は近畿を中心に学内外から73名が参加し、参加者からは「たいへん実り多きシンポジウム」との評価をいただきました。

  

 2日目は、若手研究者によるポスター発表が行われ、発表内容や形式が興味深く、学生たちにとって良い学習の場となりました。


 このシンポジウム及び若手研究者によるポスター発表については、2019年発行予定のオンライン・ジャーナル『地域研究』特集号において成果報告を行います。

 

■地域研究コンソーシアム(JCAS):
世界諸地域の研究に関わる研究組織、教育組織、学会、地域研究と密接に関わる民間組織等からなる新しい型の組織連携。グローバルイニシアティブ・センターは2017年度より幹事組織として加盟しています。